<< 本屋さんで マヤ暦、二次会♪ >>

こころを寄せて

e0178313_16112999.jpg


いとこのえっちゃんは
福島県いわき市で小学校の先生をしています。
ご主人は江名という海辺の中学校の先生。

震災から3ヶ月。

少し前にえっちゃんから手紙が届きました。
封筒10枚には
4月上旬に学校再開し、
わずか5日後に打撃的な余震発生。
そこからの様子が綴られていました。

ご主人が勤める中学校がある地区は
石巻などと変わらない
壊滅的な被害を受けたそうです。

海岸近くの家は津波で流され
今も中学校の体育館は避難所で
100人近い人々が
避難生活をしています。

いわき市の小中学校は
どんな状況にある学校も
一律に4月6日には再開しました。

でも被災者の多い学校は困難も
多いようですね。

お弁当の準備も出来ない家庭もあり、
先生方が自主的に
生徒のお弁当作りをしており、
えっちゃんも
自分たちと生徒の分も詰めて学校に行っています。

「食べてもらえることがありがたい」
と、手紙に書いてありました。

生活の不便さや被爆の恐怖の中でも
人と関われることの喜びを
しみじみ感じた、とも。

やっぱり「いとこ会」のボスは
みんなの姉御だ!
感動でした。

そんなえっちゃんが
電話で
『一度は被災地を見て』と。

宮城出身の友人も
『時間と余裕ができたら行ってほしい』
って言っていました。


今すぐは無理だけど
行くと思います。

同じ国で生まれた家族です。



被災地に駆けつけなくても
気持ちは寄せていたいし、
目を離さずにいたいと思っています。


▲▲▲▲▲▲▲△▲

東北のアンテナショップは
美味しいものがたくさんあります。

毎年、夏が近づくと山形からお取り寄せします。
城北の【冷たいラーメン】
ゆでたアスパラ&えび&青梗菜を
のせていただきます。

【かもめの卵】
初めて食べたときの衝撃!忘れません。
今も大好き!
[PR]
by marion49 | 2011-06-15 17:10 | 家族のこと
<< 本屋さんで マヤ暦、二次会♪ >>