<< k67 青い手/白い世界の橋... K65 赤い蛇/赤い空歩く人... >>

マヤ暦 K66 白い世界の橋渡し 音1

e0178313_973748.jpg


11月15日
今日から白い世界の橋渡しの13日間が始まります。

白い世界の橋渡しの13日間は
「橋渡しの力」「機会」「下積み」
など意識して過ごしてみましょう。


赤の13日間(赤い空歩く人)で蒔いたものが
本物になるために揺すぶられる
「洗練・鍛錬」の期間です。

古き自分から新しい自分に再生する期間。


「橋渡し」
橋が揺れては橋渡しの役目が果たせません。
ぶれない自分を確立していきましょう。


相手の立場に立つ

白い世界の橋渡しの13日間のポイントは
コミュニケーションです。

最高のおもてなし・・
それは「相手の立場に立つこと」だと
様々な場所、人から感じます。

そこにはいつも「自我」はないです。

相手を思うとき
「私だったら・・・」と考える、想像することはあります。

でももうちょっと相手を思うときは
私というフィルターを通さず
ただ相手の事だけを考えることが大事。

私と相手は違うから、
自分の枠の中に入れないこと。

それには「自分」は横に置いて
相手が主役・・に徹する。

・・・・・・・・・・

かみさまのめがね

  市川真由美 文
  つちだのぶこ 絵
      
        ブロンズ新社

十月を神無月といいます。
全国の神様が出雲の国で会議するから
お留守になります。

だから出雲の国だけは
神在月と呼ばれます。

さあ、出雲の国を「めがね」を通して
のぞいてみましょう~
[PR]
by marion49 | 2011-11-15 09:09 | マヤ暦
<< k67 青い手/白い世界の橋... K65 赤い蛇/赤い空歩く人... >>