<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

木下 航志くんライブ♪

e0178313_16191890.jpg

昨晩のライブは宮崎最後のステキな思い出となった。

【木下 航志 LIVE2010~My real voice 】

チケットは大好きな友達がプレゼントしてくれました。
大体のことは真正面から受け止める彼女。
ライブ会場の席も最前列、真正面です。ドキドキ!

ステージが明るくなると、
黒いサングラスをかけた木下くんが
ベースの男性に誘導されキーボードの前に立つ。
端正なお顔立ちに思わず『きれい・・・』

1曲目のアメージング・グレースから鳥肌がたった。
そして熱い、しょっぱい涙が出た。

全盲で頑張ってるから、とかいう同情の涙じゃない。
彼の奏でる声が体中に染みわたり、心に響いた。
とってもいい声。好きな声。
・・・
2時間の間、何度も泣けた。笑って泣けた。

家でもいつも音楽が流れている。でも殆どBGM。
ライブは私の全てが音楽に包まれる。
そのチカラ、強力で、即効性ありです。

友達は感動し、いっぱい泣いて『完全に浄化された』
って穏やかな表情だった。
私は引っ越しの疲れと得体の知れぬ不安が
すっきり解消されてしまった。

今日は朝からずっと木下くんの曲と共に、
片づけ頑張っている。

応援したい素敵な男の子♪

木下 航志くんのweb site
[PR]
by marion49 | 2010-03-27 16:59 | 音楽♪

旅立ち

e0178313_635036.jpg

今回の引っ越しで思い切って捨てたモノもあるが、
新しい家族のもとへ旅立ったモノたちがいる。

19年間、家族の食卓の中心にいてくれたダイニングテーブル。
この度、ミルク工房の喫茶室デビューとなる。

細かいキズはあるけど、きれいに拭き、ピカピカに磨いて送り出した。

軽トラの乗せるとき、
雨で汚れた荷台ではあまりにも可哀そうで
下に敷くタオルケットを取りに行った。
それも19年使ったヨレヨレの、でも肌触りは最高のモノ。

テーブルに対するせめてもの気持ち。
[PR]
by marion49 | 2010-03-26 06:33 | 何でもない日バンザイ

プロのメイク

e0178313_192829100.jpg

4月から大学生になる娘のメイクレッスンです^^

エレガンスのカリスマメイクアップアーティスト宮沢さん、
去年私もメイクをしていただき、
使う色が増えたり、チークやハイライトの入れ方を学んだり
そして
その美貌にうっとりしたものです(男性ですが・・)

『気になる女優とか好きな顔の有名人いる?』と宮沢さんに訊かれて・・・

『加賀まりこの若い頃の顔・・と、レディガガ(笑)』と娘。

今日は右頬あたりに
薔薇の棘のようなフェイスペインティングをされてた宮沢さんですからね~
そんな娘の返事から
どんなメイクになるのか母としてもワクワクでした。

期待を反したナチュラルメイクで仕上がりましたが
今日のファッションに馴染んでいました。
何より娘らしいメイク。頑張りすぎてないし、
一重の切れ長の目が魅力的に見えるメイク、素晴らしい~

娘の顔に色や表情を加える時、
宮沢さんが『楽しんでる』ことが伝わってきた。
この仕事好きです・・があふれてる。

娘もいい【氣】の中テンションが上がり、
キラキラした表情になった。

やはり連鎖するんですね。
[PR]
by marion49 | 2010-03-21 23:41 | おしゃれ

リーダーと結婚!

e0178313_17575218.jpg

私ごとではありますが・・・
本日3月15日、嵐の大野智さんと結婚することになりました。
新婚旅行で京都へ行ってまいります♪
・・・・・
妄想癖が悪化したわけではありません。

娘のDS「トモダチコレクション」の中で
恋人同士だった(笑うな~)大野くんと私。
先程、『私たち結婚することになりました』と大野くんが発表!

娘と大騒ぎしカメラを準備している間に
ウェディングドレスのシーンが終わってしまった^^;

段ボールに囲まれ少々疲れ気味の私。
こんなこともなきゃね。

も~しあわせいっぱいです^^
[PR]
by marion49 | 2010-03-15 18:19 | 嵐くん

春のハンカチ

e0178313_84763.jpg

「三寒四温」という言葉が好き。
この寒さも必ず訪れる春のため・・・
そう思うと我慢してスプリングコートだって着れる。

でも昨日の寒さ!
南国宮崎にもパラパラっと雪が舞ってました。
寒の戻りって、
一体どこまで戻っちゃったの~

そんな中、友達からハンカチのプレゼント^^
福岡へ遊びに行き、見つけたって。
ひびのこづえさん~好きだったよね?』
きゃ!うれしい!知ってたの?
(スキスキって言いまくってるかな?)

引っ越しで段ボール箱が積み上げられ、
家の中も寒々しい。

スケジュール帳の上に置いたハンカチ、
娘たちも『なんかかわいい~春っぽい』と、
ほんと癒されます。ありがとね!
[PR]
by marion49 | 2010-03-11 08:26 | 何でもない日バンザイ

宮崎の味!

e0178313_176541.jpg

自宅でHAPPYクッキング教室
という料理教室をされているYさんに
宮崎自慢の「肉巻きおにぎり」ひや汁」をリクエストし、習ってきました。

肉巻きおにぎりは宮崎を飛び出し、東京でも愛されているようですね。
去年、おととしと娘達の小中学校のバザーでも売上NO1でした!

Yさんは大学病院で管理栄養士をされていたので
ただおいしさを追求するのでなく、
カラダのことをしっかり考えたメニュー作りをされます。

今日の肉まきおにぎりの米は「雑穀米」
炊きたてのご飯にみじん切りのしょうががたっぷり入ります。
フライパンで焦げ目をつけ、かりっとしたお肉と
しょうががピリッときいたご飯が甘辛いタレとよく合うんです!!

これからは
お店で買わずにどうぞ私の家においで~
と胸を張って言えそうです^^

ひや汁は宮崎の郷土料理で、
一汁一菜でも栄養素が豊富に摂れるよう工夫した
昔の人の知恵がしのばれる料理です。

「煮干しのから煎り」と「白ゴマ」「みそ」をすり鉢ですり、
すり鉢になすりつけ、逆さにして火で焦げ目がつく程度にあぶります。
ここにだし汁を混ぜ入れます。

この手間がかかる作業が香ばしい、美味しい汁のもととなるんですね。

宮崎に引っ越してきた7年前の夏、
南国の容赦ない暑さに食欲が落ちてしまいました。

「ひや汁」というものをを知ってしばらくはまっていました。
青ネギを山盛り入れ、鯵の干物をほぐしてのせたり、
玄米をカリッと焼いたりして楽しみました。
・・食物繊維、カルシウムが摂れて、
美味しくて素晴らしい料理だな~
と食べ過ぎてしまったものです。

Yさんがカウンターにいて美味しくて元気になるもの作ってくれて、
話をしてくれる・・そんなお店があったら毎日通いたい。
大好きな自慢の店、ママになるでしょうね。

相変わらずきれいに片付いてる気持ちい~いお家
「食べる」という環境に最適な空気感を持ってるYさん、
またいつかYさんと喋って食べたいです。

幸せな時間をごちそうさまでした。ありがとう!
[PR]
by marion49 | 2010-03-09 18:19 | ごちそうさま

宝もの探し

e0178313_7362837.jpg

今日のパーソナルカラー診断のお客様Nさん、
半年以上前からのお約束が、ようやく実現しました。

病院の花形的存在の科で
超多忙な仕事をこなされているドクターです。

友人である夫人からは
『洋服になにもこだわりない』という情報をいただいてました。

ご自宅に伺うと、黒のシャツ、グレイのパンツの
知的な雰囲気のNさんが迎えてくださいました。

『ゆっくりと服選びをする時間もないので
無難なモノトーンになってしまう。』
『色で服を選んだことがない』とのこと。
服選びは夫人任せでしょうか?

友人が言っていたように、
この段階ではNさんの「こだわり」とか「好き」がわかりません。

ところが、布のドレープを当てた姿、顔うつりに
とっても素直なリアクション!
・・・わかりやすい方^^

たくさんの色のドレープを合わせると
「好き」「苦手」「持ってる色」「着てみたい色」
を言葉と表情で伝えてくれました。
しっかり「こだわり」お持ちです。自覚していなかっただけ。

Nさんのこだわり=個性 プラス似合う色が明確になり、
ここからが本当の実践タイム^^です。

Nさん、クローゼットの中で迷子になった服たちを
ごっそり抱えて持ってこられました。

サイズが合わない高級ブランドのコート、
色合わせがわからず登場回数が少ない黄色のセーター
どんどん増えていくネクタイ・・・

頭で考えるだけでなく、布ドレープも利用しながら
着せかえ人形状態。コーディネート大会!
かれこれ3時間、Nさん~おしゃれ大好きじゃないですか^^

御夫婦で何度も色の特徴を確認したり、
メモをとる、写真を撮る・・
学ぶ姿勢にこちらも背筋が伸びる思いです。

午後からたくさんの色があって失敗を恐れず挑戦できる
「ユニクロ」と「GAP」に行く!とニコニコの仲良し夫婦。ステキ!

本来持っている「大切にしたい自分のもの」を
見つけるお手伝い、たまらなく好きです。
[PR]
by marion49 | 2010-03-06 23:57 | パーソナルカラー

乳がん検診

e0178313_049466.jpg

毎年3月3日はブレストピアなんば
乳がん検診を受けている。

近年増え続けているという「乳がん」
数年前、40代の知人が乳がんで命を奪われ、
友人が今、乳がんと闘っている。
もう人ごとじゃない。

最近、右の胸に張りを感じることがあり、
不安を抱えて検査に臨んだ。

毎回だが、駐車場には県外のナンバープレートも多く、
待合室には15~20人、椅子の余裕はないくらいだ。

乳房専用のX線診断と超音波診断、医師による診断があり、
約2時間病院にいることになる。

待合室にいると当然、化学療法の通院治療中の患者さんにも会う。
私よりはるかに若い女性だったりすることもある。

『お子さん何歳くらいかな・・』『しんどそうだな』
色々想像して、切ない気持になる。
自分がもし「乳がん」と診断されたら、と必ず考える。
家族のこと、友人のこと、今していること、まだ出来ていないこと、
想うのだ。
今回は『最後のとき、誰を想うのかな』と考えたりもした。
狭い空間でやや重い気持ちになるので結構疲れる。

結果は【異常なし】だった。

会計を済ませ、病院の玄関を出ると、
来た時には気づかなかった春の花が私を迎えてくれた。
曇り空も優しく見え、空気もおいしく感じた。
いつもの風景が新鮮で明るい。

『さあ!あなたの新しい人生のスタートだよ!』って言ってもらえたような気分。

しばらくは周りに優しく、感謝の気持ちをもって接します。
[PR]
by marion49 | 2010-03-04 02:24 | 何でもない日バンザイ