<< アートセラピー体験講座行ってきました ティム・ガンのファッションチェック >>

鹿児島のカラーセラピストは「篤い」

e0178313_23175368.jpg

今日も日豊本線に乗って行ってきました。
温かい母のような鹿児島へ。
宮崎から鹿児島入りするのは
今日が最後。

キュービックカラーセラピー体験会のオブザーバですが、
一番の目的は
キュービックカラーセラピーの創案者、山内暢子先生と
鹿児島のキュービックカラーセラピスト仲間に会うこと。

全国のキュービック仲間の活動は県により様々だ。
県単位での活動をしていないところもある。

鹿児島はとてもチームワークが良く、
セラピスト同士協力しあい、
毎月1回のパステルアート・ワークショップを続けている

毎回20名ほどの参加者があり、
リピーターも多いようだ。

毎月違ったモチーフを用意し
来られた方達に楽しんでもらえるよう
まあよく考えている。
企画する側が喜んで準備するものは、
相手にも伝わるでしょうね。

今日の体験会のあと、
山内先生と5人のセラピストが
お疲れ様~で喫茶店に入ると
体験会に参加された方二人とばったり会う。

「いっしょにお茶しよ~!!」
と温かく私たちの輪の中へ。

ワークの感想から始まり、
溢れるこころの中の思いを語ってくれた。
お二人ともスッキリしたと
い~い笑顔で帰られた。

私も感じている鹿児島女性独特の包容力、
この大きさと安心感で
お二人は癒されたそうだ。

あのどしっと構えた桜島のように、
強く優しく穏やかに、
すぐそばで私も支えられてきた。
いつも温かかった。

ありがとう。鹿児島のみんな。
[PR]
by marion49 | 2010-01-29 23:20 | カラーセラピー
<< アートセラピー体験講座行ってきました ティム・ガンのファッションチェック >>