2011年 04月 23日 ( 1 )

黒の存在

e0178313_1015338.jpg

ここ数日のちょっとした集まりで
キュービッック・カラーセラピーをしました。
ランチのあとリラックスした状態で
色をシートにぬってもらう。

大震災から1ヵ月半・・・

ピンク、水色は
ガチガチの緊張から解放されたから、と。
でも不安はいつもあるって。

白は
思いこみや引きこもっていた自分を
リセットした。したいって。
思っていることがうまくいかず
虚しくて、近寄らないで!って思っていた、と。

そして
ぬり終えたとき、
みんな同じこと言います。

 『ちょっと前なら黒を塗りたかった』

どの言葉も共感でき
頷きっぱなしでした。

私はキュービックで「黒」を選んだことが
ほとんどありませんが、
震災後、しばらく黒の世界で沈んでいました。

キュービックシートにも
黒は堂々と中心を陣取っていました。

無意識に目がグレーや黒という
無彩色を拾い、わたしを落ち着かせていました。

今まで自分の中に黒はないと思っていて^^:
黒をどこかで否定していました。

だからキュービックで黒を塗る人に対しては、
他に塗った明るい色の方に
意識を向けて伝えていました。
悪いくせでした。

そっと見守る、というより
触れることが怖かったのかも。

自分の黒の部分も見ないよう
明るくして隠してたんでしょうね。



自分の
光と闇、自覚しました。


閉塞感があって
頑なで孤独なイメージの黒だけど。

みんな黒を経験して
小さな灯りを見つけていた。
闇の中だからこそ
見えた光だったかもね。

仕事を探してる、
勉強し直す、
家族を大切にする、
自分を磨く・・・・

そして
自分が元気になることが
誰かのためになるって
わかった、と。

それぞれが成長してる。

再生力を温めてくれた黒の力に感謝したい。
[PR]
by marion49 | 2011-04-23 06:26 | カラーセラピー